看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~面接で必ず聞かれる質問対策編~

看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~面接で必ず聞かれる質問対策編~
看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~面接で必ず聞かれる質問対策編~

他の職業に比べて転職へのハードルが低く、戸口が広いのが看護師という職業の特徴の一つです。ただ、誰でも上手く転職ができるのかというとそうではありません。やはり最終的に希望の転職先に転職出来るかどうかを決定するのは「面接」です。病院としてもより優秀な看護師を採用したいと考えていますから、他の人よりも自分の方が採用するべき人材だということをしっかりアピールできなければなりません。

まずは転職面接においてよく訊かれる質問を知っておくことが重要です。それに合わせて自分の答えを事前に用意しておくようにしましょう。「正解」があるものではない質問が多いため、偽った答えを言うのではなく、自分が本当に思っていることを準備しておく事が重要です。

ここでは実際の転職面接の際に必ずと言って良いほど訊かれる4つの質問と、それに対する対策、また「逆質問」の活用法について紹介します。

自身の看護観

まず一つ目に自分の看護観についての質問があります。看護観と言われてもピンとこない人も多いでしょうが、看護に対してどのような思いを持っているのか、そもそもなぜ看護師になったのか、今後どのような看護師になっていきたいのか、ということを問う質問です。転職面接において最も重視される質問の一つとなります。

実際に自分が看護師を目指した理由はなんなのか、改めて考え直してみましょう。誰かを助けたいという思いを持っている人が多いですから、整理して答えられるだけでも十分です。

経験・スキル

次に、経験やスキルに関する質問があります。病院が転職看護師を受け入れるのは、少なくとも即戦力として仕事が出来る看護師を増員したいためです。病院によらず出来る仕事はなんなのか、どの程度のレベルの看護技術を持っているのか、特別な資格を持っているか、などが訊かれます。

スキルについては以前に実際に行ったことのある看護などを例にとって説明できるようにしておきましょう。

応募理由・志望理由

応募理由に関する質問も必ず受ける質問の一つです。何故その病院の転職面接に来たのか、その理由を説明出来るようにしなければなりません。他の病院ではなくその病院を選んだ理由を説明出来るようにしておきましょう。病院の魅力的な特色や、自分の性格との合致などを上げて説明するのが重要です。自分としての意思を伝えられる準備が必要になります。

以前の職場を退職した理由

最後に、前の職場を退職したいと考えている理由についても訊かれます。特に、その職場における勤続年数が少ない時にはよく訊かれる事になります。

この質問に関しては正直に答えるべき内容なのかどうか難しいところがあります。人間関係などの理由の場合、正直に話すことによって面倒な人材だと思われてしまう可能性もあります。無難にスキルアップやキャリアのことを考えた転職としておくのも一つの手です。

最後の逆質問を有効に活用しよう

転職に限ったことではありませんが、面接では最後にほぼ必ず「何か質問はありますか?」という逆質問が行われます。この逆質問を上手く利用することによって、自分の印象をアップさせたり、その職場についてより詳しく知るチャンスとなったります。中途採用において特に採用者が避けたいと思っているのは、人材のミスマッチです。そのため、分からないことや不安なことについてはこの段階で聞いて貰いたいと考えています。

具体的にその職場で働く事になった時に重要なポイントを質問しましょう。仕事の環境を聞いておき、逆に辞退するための理由にするのもポイントです。

おわりに

看護師にとって転職というのは人生を左右する大きなターニングポイントとなります。より良い転職先に入れるかどうかは面接に掛かっているため、失敗しない準備をしておきましょう。

シェアする

購読はいいねが便利です