看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~職務経歴書の書き方編~

看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~職務経歴書の書き方編~
看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~職務経歴書の書き方編~

看護師は、比較的転職する方が多い職種と言われています。転職活動をするのであれば、履歴書の他に職務経歴書も作成しなければなりません。職務経歴書とは、看護師としてのキャリアについて記載する書類のことです。

職務経歴書を作成するにあたって、気を付けるべきポイントが3つあります。ここでは、その3つのポイントを紹介していきましょう。

職務経歴と成果を記載する

看護師の職務経歴書には、主に職務期間や雇用形式、勤務先の病院名や所轄部署などを記載します。また、病床数や職員数の具体的な数値が分かるのであれば、そちらも記載するようにしましょう。複数の勤務先を経験してきたのであれば、その全ての勤務先の情報について記載する必要があります。これらの情報は、基本情報と呼ばれています。

基本情報の下には、今までこなしてきた具体的な業務を記載します。そして、その行った業務の中で、自分が上げた実績なども記述するようにしましょう。

職務経歴書を作成する際には、「いつから・いつまで・どこの・どのようなところで勤務し、そこでどんな経験をしましたか、また看護師として何を学びましたか?」という質問に答えるイメージで作成してみると良いでしょう。この質問に対する答えをまとめ、簡潔な文章でアピールすることが大切です。長文であると見づらくなってしまうため、必要な情報のみを記載するように心がけましょう。

取得した資格を記載する

看護師免許をはじめとして、さまざまな資格を取得している方もいるはずです。そのような資格はアピールポイントになる可能性があるため、応募した時点で取得している資格や免許も記載しておきましょう。資格を記載する際には、時系列で記載すること、そして正式名称で記入することを心がけます。

「看護師関連の資格ではない」からと言って、記載するのを辞めてしまうと損をしてしまう可能性があります。思わぬ評価を受けるケースもあるため、取得した資格についてはできる限り記載することを心がけましょう。

たとえば、パソコン関連の資格は評価されやすい傾向にあります。大きな病院をはじめとして、現代ではさまざまな病院が電子カルテを採用しています。パソコン関連の資格を取得しておけば、「電子カルテの扱いが上手である」という評価を受けられる可能性があります。

また、英検やTOEICなど、語学関連の資格も記載しておくべき資格として挙げられます。ボーダーレスが進み、海外の患者を受け入れている病院は増えてきています。海外患者とのコミュニケーションをスムーズにするため、語学が堪能である人材を求めている病院は少なくありません。

この他にも何か資格を取得しているのであれば、記載するようにしましょう。

自己PRの作成

履歴書にも自己PRを記載する欄はありますが、職務経歴書にも自己PRを記載することが必要です。「どうやって内容を書き分ければいいの?」と感じた方のために、以下で書き分け方について説明します。

履歴書には主に、看護師としての特徴や人間性に関する自己PRを記載します。それに対し職務経歴書には、主に業務の中で経験してきたことや学んできたことなどを記載します。また、職務経歴書には、経験やスキルを再就職先でどのように活かしていくつもりなのか、仕事の考え方についても記載しましょう。

履歴書は書式や作成方法などが指定されている場合もありますが、職務経歴書は比較的自由度の高い書類です。パソコンで作成しても構いませんし、自分で情報を記載するための欄を考えても良いでしょう。

ただし、自由に作成できるからこそ、書類の見やすさが重要となります。簡潔にまとめられているかどうか、アピールしたい部分が相手に伝わるかどうか、しっかりと吟味して作成していきましょう。

おわりに

ここまで、職務経歴書の書き方について紹介してきました。スキルや実績が十分であったとしても、職務経歴書でそれを上手にアピールできなければ、不採用の可能性が高くなってしまいます。細かい部分にまでこだわり、できるだけ好印象を与えられる職務経歴書を作成しましょう。

シェアする

購読はいいねが便利です