転職時期は何年目がベスト?20代のうちに考えておきたい看護師のキャリアプラン

転職時期は何年目がベスト?20代のうちに考えておきたい看護師のキャリアプラン
転職時期は何年目がベスト?20代のうちに考えておきたい看護師のキャリアプラン

看護師の仕事というと、キャリアという観点とはあまり関係がないように感じられがちです。しかし、より責任ある地位に進むためには、それなりの努力をして実力をつけていかなければなりません。

そのためには、自分自身の将来のキャリアについて見つめなおしてみる必要があります。このキャリアの形成というのは、いつからでも始められるという性質のものではありません。

まだ若い、20代の内にこそ考えておくべきことです。ここではキャリアプランについて詳しく紹介していきます。

看護師のキャリアとは何か

では、そもそもキャリアというのは何なのでしょうか。看護師のキャリアアップについては、かつては「管理職」に進むという考え方が中心となっていました。それはつまり、看護師としてキャリアを進めることによって、看護実務の現場からは遠ざかるというシステムだったということです。現在ではこの傾向は変わってきており、より専門性の高い看護技術を身につけることにより、高度な看護を行える者になることこそがキャリアであると考えられるようになってきました。

看護師として仕事を続けるに当たって重要なのは、「自分が将来どのような看護師になりたいのか」ということを想像し、それに向けて準備をしていくことです。例えば主任や士長として看護師管理のプロフェッショナルの技術を身につけていくことも、一つの形です。もちろん、より高い看護技術を手に入れることによって、責任ある医療に携われるようになりたい、というのも一つの形です。正解のないことであるため、自分自身のなかで考えて答えを出す必要があります。

さらに、看護師としての自分だけではなく、人間としての自分についても考慮する必要があります。長い人生の中で、「看護師」であるということにどれだけ比重を置きたいと思っているのか、改めて考えてみると良いでしょう。

専門看護師を目指す

看護師キャリアの選択肢の一つとして、ここでは専門看護師を目指すという方針について紹介します。専門看護師というのは、特定の分野において卓越した知識や技術を有していると認定される看護師のことを指します。専門看護師となるためには専門看護師資格を取得する必要があり、そのための準備は早い段階から始める必要があります。

専門看護師になるためには、専門看護師過程を持っている大学院を修了しなければなりません。そのため、学費や入学金、あるいは卒業までの二年間に掛かる生活費などを準備しておく必要があります。その上でさらに専門分野での三年の研修を含む五年間以上の実務経験を積んでいる必要があります。どの分野の専門看護師になりたいのか、事前に考えてキャリアを積んでいかなければ取得することができないということになります。

専門看護師になるための病院選び

ただし、専門分野を持っている病院ならばどこでも良いというわけではありません。その分野について強い病院で学ばなければ、その後の選考で不利になってしまう可能性もあります。勤め先の病院についても詳しく調べ、キャリア形成のことを念頭においた就職を行っていく必要があります。

自分の目指している専門分野は何かを早い段階で決めておくことが、専門看護師としてのキャリアを積むためには重要なポイントとなります。できれば看護師資格を取得する前から考えておき、資格取得と同時に専門看護師を目指すための動きを始められるようにしましょう。時間が遅くなるほど不利になってしまうため、迅速な行動が必要になります。

おわりに

キャリアの形成というのは、誰しもに当てはまる正解があるものではありません。そうであるからこそ、自分の中での正解を見つけるために早い段階から準備を進める必要があります。将来の自分像を自分の中で考えなおすようにしましょう。

シェアする

購読はいいねが便利です