看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~履歴書の書き方編~

看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~履歴書の書き方編~
看護師さんが転職する際に気を付けたいポイント~履歴書の書き方編~

他の職種に比べると転職をしやすいと言われているのが、看護師という仕事です。というのも、看護師としての仕事には特殊な知識や技術、さらに資格が必要であるためです。こういった職業の場合には、職種を変えない限りは比較的転職を行いやすくなる傾向があります。

さらに少子高齢化にともなう病院数の増加や、ハードワークによる退職から人手不足になっていることが多い看護師は特段その傾向が強いと言えます。しかし、注意すべき点もあります。

ここでは、看護師さんが転職で注意すべき履歴書の書き方について紹介します。

履歴書の持つ意味とは

転職において、最終的に採用の可否を判断することになるのは面接ですが、面接に進めるかどうかを判断することになるのが履歴書です。そのため、この履歴書の書き方一つで採用されるか、採用されないかが決まる第一歩となります。履歴書の内容が相手方に受け入れられるものでなければ、結果的に採用まで辿り着くことは難しくなってしまうでしょう。

中には履歴書の段階において、採用の可否を決めてしまうという担当者もいるため、できるだけ上手く相手の心を掴むことができるような、履歴書の作成テクニックを知っておくことが重要です。履歴書というのは、自分のことを示すもっともわかりやすいカタログのような存在です。

履歴書作成の基本

まずは、履歴書作成における基本中の基本についてです。ひと口に履歴書と言っても、その体裁にはいくつかの種類があります。転職の場合には転職者用のものがあるため、それを利用するようにしましょう。また、パソコンを使って自分でテンプレートを作成する場合にも、転職の場合に必要となる情報が漏れないように注意する必要があります。

履歴書というと直筆で書くべきだ、という考え方が広く残っていますが、現在においては必ずしもそうとは限りません。読みにくい字になるぐらいなら活字で書いてくれた方がありがたい、と考えている採用担当者も存在しています。応募要件に決まりがないのであれば、各自の判断で直筆・パソコン作成を使い分けると良いでしょう。

直筆作成を選択する場合には、黒のボールペンか万年筆を使用するのが一般的です。最近では消しゴムで消すことができるボールペンも登場しているため、二重線や修正液を使った修正が好ましく思われない履歴書の作成においては便利です。

また、履歴書内の項目はすべてに記入を行いましょう。空欄があるとそれだけでマイナス評価になることが多いためです。

履歴書作成における個別の注意点

では、履歴書作成における項目ごとの個別の注意点についても紹介します。送付の場合、日付は投函日を記載するようにします。持参する場合には持参日を日付とします。西暦と和暦は書類を通して統一するようにしましょう。

写真については、三ヵ月以内に撮影したものが必要です。プリクラはもちろんのこと、スナップ写真なども認められないケースが多いため、証明写真を撮影しましょう。フォトスタジオなどを利用することで、より印象の良い写真にすることも可能です。お金は掛かりますが、転職成功への近道の一つとなります。

学歴と職歴の記載については、慣例に従います。小学校中学校については卒業年次のみ、それ以降は入学・卒業の年次を記載します。留年や浪人などがあるためです。学校名は正式名称で記載するようにしましょう。

職歴も同様で、入職年次と退職年次を両方記載します。既に退職している場合はその退職理由も合わせて記載する必要があります。職務内容については履歴書とは別に職務経歴書で添付するため、ここで詳細にする必要はありません

おわりに

転職において、履歴書の存在は面接と同様に重要なものです。実際には採用されるに足る能力や魅力を持っているとしても、書類からそれが読み取れなければ面接まで進むことができません。注意して書くようにしましょう。

シェアする

購読はいいねが便利です