看護師転職サイトのデメリットって?転職サイトを選ぶ際に気を付けたいポイント3つ

看護師転職サイトのデメリット

看護師が転職を行う時には、転職先を探す方法がいくつか存在しています。直接求人を出している病院を自分で探すというのも一つの方法ですが、同様に多くの人に利用されているのが「看護師転職サイト」というものです。これを利用する場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

ここでは転職サイトを利用する際のデメリットと、転職サイト選びにおいて気をつけたいポイントを紹介します。

転職サイトにも相性がある

看護師転職サイトの選び方

一口に看護師転職サイトと言っても、現在その種類は非常に多く存在しています。その全てが自分にとって良い転職サイトであるとは限りません。ただ同時に、自分にとって良くないサイトが他の人にとっても良くないとは限りません。

転職サイトにも相性がありますから、自分と相性の良いサイトを見つけて利用することが重要になります。まず、転職サイトと合わない理由としてよくみられる例を幾つか紹介します。

【1】ユーザー目線のメッセージを発していない

まず、転職サイト側が伝えたいと思っていることを前面に出しており、こちらの意図が伝わりにくいということがあります。転職サイトとしての価値観が自分とあわないようであれば利用を避けるようにした方がよいでしょう。

【2】求人の検索エンジンが使いづらい

さらに、希望の求人の探しやすさにも違いがあります。検索エンジンの違いなどがこれに当たります。条件の絞込などが出来る方がよいのか、より多くの情報がある方が良いのか、自分との相性をチェックして選ぶようにしましょう。

【3】メール・電話が多い

他にも、やたらとメールや電話をしてくる転職サイトも存在しています。詳しく話を聞きたい時には便利ですが、面倒に感じてしまう人には向いていません。

知っておきたい転職サイトの情報

では次に、転職サイトがそもそもどういったものであるのか、ということについて紹介します。この中にはデメリットとなりうる部分もありますので、そこをチェックして転職サイトを利用するのか、あるいは自分で求人を探すのか考えてみましょう。

【1】扱っていない求人もある

第一に、転職サイトとはいえ、全ての看護師求人を扱っているわけではないということです。看護師サイトにおいて紹介されている看護師求人は、病院がそのサイトに依頼して掲載しているものだけです。そのため、依頼を受けていないものは表示されていません。

特に注意すべきなのが、>大学病院や大規模な病院はサイトを利用して求人を行う必要性が薄いために登録していないことが多いということです。こういった先を転職先として考えている時には転職サイトは適していません。

【2】病院には紹介手数料がかかる

次に、紹介手数料の問題があります。転職サイトを通じて転職に成功した場合、登録した病院は転職サイトに対して紹介手数料を支払うことが多いです。この紹介手数料は安いものではありませんから、ハローワークのように無料で登録できる転職斡旋に比べ、厳しめに審査されてしまう傾向があります。

【3】キャリアアドバイザーに依る

転職サイトはサイト形式で運営されているとはいえ、その内部を調整しているのは人間です。キャリアアドバイザーに相談する場合には、担当者の質によって転職の可否が大きく左右されてしまう可能性があることを理解しておく必要があります。転職者に親身になって良い転職先を探し紹介してくれる人もいれば、ノルマの達成だけを考えて適当な転職先を列挙してくる担当者もいます。安易に信用せず、自分の希望をうまく汲み取ってくれているか、よく判断しましょう。

転職サイトのメリットも大きい

キャリアカウンセリング

ここまで転職サイトを利用するデメリットを中心にして紹介してきましたが、もちろん転職サイトにもメリットはあります。本来自分一人で行うことになる転職を、誰かに相談出来るというだけでも大きなメリットだといえるでしょう。キャリアカウンセリングなどを受けることも出来るため、上手く活用することが重要です。

おわりに

より良い転職先を見つけるために利用した転職サイトが良いものではなく、かえって良い転職先が見つからない、ということも少なくありません。

転職先を吟味するのと同じように、転職サイトも十分に吟味するようにしましょう。