夜勤なしで働きたいならクリニックに転職しよう♪病院勤務の看護師との違いとは

imasia_13359334_M

看護師は、医療の現場で医師のサポートや患者の身の回りの世話をするのが主な仕事内容です。医療の現場と一口に言っても、多種多様です。救急患者の受け入れや入院設備のある医療機関もあれば、簡単な診察のみを行っている医療機関もあります。夜勤無しで看護師として働きたいのであれば、救急患者の受け入れや入院設備のないクリニックが合っていると言えるでしょう。

ここでは、クリニック勤務の看護師と病院勤務の看護師との違いについてご説明します。

クリニック勤務の特徴

町のクリニック

入院設備の無いクリニックにおいては、外来患者の診察のみ行っています。症状が重く入院が必要な場合は設備の整った病院を紹介してそちらに行ってもらうことになります。

看護師の仕事で特にきついのが夜勤や重い症状の入院患者の世話です。そのため、クリニックで働いている看護師はあまりきつい仕事をしなくて済む傾向にあります。またあらかじめ申し出ておけば休みを取ることや早退することも比較的容易です。夜勤なしで働くことができるため、規則正しい生活をすることが可能で、自らの健康にも良いと言えます。

また、定休日は決まっており、あらかじめ決まっている診療時間にしか稼働していません。夜勤なしで働けるというだけでなく、勤務先自体が深夜や定休日には閉まっているのです。

ただし、給料があまり高くないということ、スキルアップが望めないということがデメリットでもあります。旦那さんの収入が十分である人や、スキルを身に付けるよりも安泰に生活したいという人に向いていると言えるでしょう。

病院勤務の特徴

病院

大きな総合病院や大学病院などに勤務している看護師の場合、夜勤があるのが一般的です。規模の大きい医療機関では救急患者を受け入れているところが多く、入院設備も備わっています。実際に入院している患者も多数いるため、深夜であっても常に看護師が待機している必要があるわけです。休日に関しても土日や祝日など決まった日が休みというわけではなく、交代で休みを取るという仕組みです。

仕事の内容に関しても、重篤な患者と接する機会が多くハードであると言われています。また大勢で一緒に仕事をすることが多いため、協調性が重要視されます。それに、先輩後輩との関係や医師との関係など人間関係も重要になります。主任や看護師長といった立場になると、新人を指導する能力も求められます。

ただし、決してマイナス面だけではありません。夜勤に関しては深夜手当が付くということもあり給与水準が比較的高い傾向にあります。症状の重い患者の世話をする機会が多いため仕事内容はハードですが、その分スキルアップが望める職場でもあります。20代くらいの若いうちはこうした職場で、知識や技術を身に付けると転職の際も高く評価されます。また旦那さんの給料があまり高くないという人にとっては自らの給料が高いというのは大きなメリットと言えます。独身で、できるだけ多く貯金をしたいという人にとっても同様です。

病院からクリニックへ転職するにあたって留意すべきこと

入院中のおばあちゃん

看護師が大きな総合病院や大学病院から個人経営のクリニックや医院へ転職をした場合、仕事は楽になりますが給料は減ることになります。旦那さんの収入や子供にかかるお金などを考慮してそれほど多く稼ぐ必要がなければ、クリニックや医院へ転職するのが望ましいと言えます。

ただし、クリニックであっても、夜勤や休日出勤がまったくないわけではありません。入院設備がある医療機関であっても、入院可能な人数が19人以下であれば病院ではなくクリニックや医院という名称を用いることになります。休日出勤や夜勤なしの労働環境を求めて転職をする際に、転職先に入院設備があるかどうかをきちんと確認するようにしましょう。

おわりに

看護師の仕事は、病院よりもクリニックの方が軽めであるというのはあくまで一般的な話です。病院もクリニックも全国各地に多数あるため、仕事がきついクリニックも僅かながら存在します。

また人間関係に関しては、職場によって千差万別です。人間関係が原因で転職をする際には転職先の人たちとは良好な関係が保てるように努めることが大切です。