看護師はカラコン・つけまつげNG?先輩や患者さんに好感を持たれるメイクとは

看護師のメイク

社会人として働いている女性にとって、化粧というのは服を着るのと同じように日常的に行うことです。ただし、社会においてはファッションにもマナーがあるように、化粧にもマナーがあります。特に看護師という職業では、化粧に対する考え方も他の職業とは異なっている場合が多くなっています。

看護師は先輩看護師や患者さんに、不快感を与えないような化粧を心がける必要があります。そこで今回は、先輩や患者さんに好まれるメイクについて紹介します。

こんなメイクはNG!やめた方がよいメイクとは?

NGメイク

全体的に派手なメイクは、マナー違反と認識されてしまうケースが多くなっています。まず先輩看護師に関してですが、派手なメイクをしている新人に対し、良くないイメージを持つ看護師は少なくありません。メイクに力を入れてしまうと、「仕事にもっと力を入れて欲しい」と思われてしまう恐れがあります。

また、派手なメイクは清潔感を出すことが難しい傾向があります。「看護師は清潔感があって当たり前」といったイメージを持っている患者さんもいるため、派手なメイクは避けた方が良いでしょう。

具体的には多色使いのメイクや、つけまつげ・カラーコンタクトを使用すると派手なイメージを与えやすくなります。看護師は医療職であると同時に接客業でもあることを意識し、不快な思いをする人がいないようなメイクを心がけましょう。

また、見た目の問題だけではなく、化粧品の成分のアレルギーを持っている患者さんもいます。そういった化粧品は極力控え、トラブルが発生しないように気をつけることも重要です。ただし、美容形成や美容クリニックなどは別であり、美をうたっている病院であるため、薄いメイクがかえってNGとなってしまう場合があります。そのため、自分が勤めている病院によって、望ましいメイクを適切に判断しましょう。

【好感メイク術その1】メイクの基本は肌とファンデーション

メイクの基本

肌が荒れている状態では、全体的な化粧のノリが悪くなってしまいます。化粧のノリが悪いとついつい厚化粧でカバーしたくなってしまうため、日頃から肌の調子を整えることが大切です。

看護師の中には生活リズムが不規則になっている方、肉体的や精神的に負担のかかっている方などが見られますが、まずは十分な睡眠時間を確保することが重要です。また、乳液や化粧水などを利用して普段から保湿を心がけ、できるだけ肌の状態を悪化させないように気を付けましょう。

そしてもうひとつ、化粧下地となるファンデーションの使い方もポイントです。ファンデーションはポイントとなる部分にだけ使用し、全体的に使わないことで化粧をナチュラルに見せることができます。具体的には顔の中心によるほど濃く、外側にいくほど薄くすることが望ましいと言われています。

【好感メイク術その2】目元の印象が全体の印象を左右する

メイクの基本

自分の目元は、多くの人から見られる部位です。目元のメイクの方法によって、相手に与える印象は大きく変わってきます。ないがしろにするとだらしない印象を与えてしまいますが、逆に強くメイクしすぎると厚化粧に見えてしまうため、調整が難しい部位でもあります。

重要になるのは、コンシーラーの使い方です。コンシーラーは明るめの色を選択し、少しずつ塗るようにして厚さを調節しましょう。薄くすることを特に心がけなくても、全体で整えることができれば問題ありません。

逆に、アイシャドウは薄くすることを心がけます。アイシャドウは特に化粧の濃さが表れやすいため、注意しておきましょう。

おわりに

ここまで、好感が持たれやすい化粧の仕方について紹介してきました。化粧のルールは細かく決められているわけではありませんが、度が過ぎると周りに悪いイメージを与えてしまいます。今回紹介したポイントをしっかりと押さえ、清潔な印象を与えるようなメイクを心がけましょう。