やる気がでない看護師さん必見「集中力を簡単に高める方法」① ~とにかく書き出す編~

やる気がでない看護師さん必見「集中力を簡単に高める方法」① ~とにかく書き出す編~

毎日毎日仕事をしていると、集中力が下がってやる気が全然出ないなんてことは、よくありますよね。そんなときに、座ったまますぐに集中力を上げる方法があれば便利ではないですか?今回は、座ったままでもすぐに実践できる集中力アップ方法を教えちゃいます。

なんでも書き出してみる

メモを取っている様子

人は書くことによって、自分の思いを整理することが出来ます。箇条書きでも構いません。意識や集中力を高めるために、以下のことを文字に表してみましょう。

【目的を明確化する内容を書き出す】

 何をやるにしても、目的が明確でなければやる気は出ません。よって、目的を明確化することで、やる気につなげましょう。「誰のためにやるのか」「何のためにやるのか」「これをやると自分はどうなるか」など、具体的に仕事をすることで、何に繋がるのかを紙に書いて、明確化してみてください。

【今から集中してやる内容を書き出す】

 何をやればいいかわからず、「集中が出来ない!」「やる気がでない!」という場合もありますよね。そんな時は、自分が今から何をやればいいのかを紙に書いていきましょう。ポイントとしては、達成しやすい小さな目標を考えていくのが良いでしょう。小さい目標を少しずつ達成することで達成感が生まれ、やる気アップに繋がります。

【今日のスケジュールを書き出す】

 今日何をやるか決まっているが、やる気が出ないという人は、ToDoリストのように、今日やるスケジュールを箇条書きにして洗いざらしにしてみましょう。そして、やったことに対して、塗りつぶしたり、チェックしたりすることで、達成感が生まれます。スケジュールの再確認や、無駄な作業の整理にもなるので、オススメです。

【やりたくない内容や理由を書き出す】

 仕事をしていく上で、やりたくない内容も出てくると思います。そのせいでやる気が出なくなる時もありますよね。そんな時は、やりたくない内容とともに、なぜやりたくないかという理由を書き出しましょう。やりたくない理由を潰していくことで、やりたくないという気持ちを改善することができます。

おわりに

やる気が起きないという現象は看護師さんにかぎらず、誰にでも起こりうることです。

今回は、紙に書き出していくことを中心に展開しましたが、もちろん紙に書くことすら億劫だという人もいるかもしれません。

しかし、今のやる気がでない状態を何とかして脱出したいと考えるなら、紙に書き出すというのは簡単な方法ではないでしょうか。また、自分の行動や気持ちの整理にも繋がるので、是非一度やってみてください。

シェアする

購読はいいねが便利です