仕事帰りや休日にストレス発散♪看護師さんのストレス解消法

看護師のストレス発散法

看護師は人を相手にする仕事であり、感情の管理を求められる職業でもあるため、ストレスを溜めてしまう方も見られます。ストレスを溜めてしまうと仕事のモチベーションが下がってしまい、そのことによってミスが誘発されてしまうこともあります。

そこでここでは、仕事で溜まったストレスを解消する方法を3つのカテゴリーに分類して紹介していきます。

【ストレス解消法1】ストレスマネジメントをするために、意識を変える

ストレスマネジメント

看護師は労働時間が長く、変則的な勤務形態となっていることが多いため、ストレスの多い仕事といわれています。患者さんや医師、同僚などの人間関係でストレスを抱える人、人の生命に関わる重要な仕事を遂行することでストレスを感じる人など、ストレスの原因はさまざまです。こうしたストレスをマネジメントすることができれば、ストレスを軽減することに繋がります。

ストレスマネジメントのために、まずは自分のストレスの原因に気付き、意識を変えてみましょう。例えば、完璧主義志向があるという人は、ちょっとしたミスも完全な失敗と考えがちです。極端に白黒をつけることをせず、自分ができたことに目を向け、仕事のできを0〜100の間で点数をつけるようにしてみましょう。意識を変えるだけで気持ちが軽くなるはずです。

また、「看護師の仕事はこうあるべきだ、こうすべきだ」と決めつけがちな人もいるでしょう。このような自分の基準だけで動いてしまうと、イメージ通りにいかなかったときに罪の意識を持ったり、他人を批判したりと、同僚や患者さんとのコミュニケーションが上手に取れなくなる場合があります。「この程度でよい」と自分に言い聞かせて意識を変えれば、心理的な負担は少なくなり、ストレスも軽減されるでしょう。

【ストレス解消法2】とにかく体を動かす

ストレスマネジメント

重労働である看護師の仕事は、体力がなければ務まりません。しかし肉体労働が多いこともあり、休みの日は家の中で過ごすことが多い、という看護師は少なくありません。

ストレスを解消する方法として、体を動かしリフレッシュするという方法があります。体を動かす習慣が身に付けば自然と体力も付き、肉体的な疲れに強くなるだけでなく、冷静な判断を働かせる余裕ができるとされています。運動をすると手足の動きに意識が向き、集中するため目の前のストレスを忘れることもできます。

ストレス解消になる運動をするポイントは4つあります。空間を移動する動きをすること、気持ちいいと感じるペースを守ること、リズム的な動きにすること、そして「ながら運動」ではなく時間を確保することです。

自然の中を散歩したり、サイクリングしたりするなど、空間を移動する動きはストレス解消に向いた運動です。速く歩いたり長距離を走ったりするような激しいペースは避けましょう。疲労感でストレスが解消されにくくなります。

呼吸のリズムを整えながら行うヨガやストレッチなども、ストレス解消になります。テレビを「観ながら」、雑誌を「読みながら」といった「ながら運動」をすると、運動をした際の快感を得にくくなるため、注意しながら行いましょう。

【ストレス解消法3】趣味を見つける

ショッピング

看護師に限らず、仕事の疲れを自分の好きなことで癒すという人は多く見られます。労働時間が長い人ほど休息時間を増やす傾向がありますが、趣味を見つけて楽しむ時間を確保することも大切です。

インドア派の看護師の場合は、映画や音楽を鑑賞することでストレス発散していることがあります。好きな俳優やミュージシャンに触れることで癒され、ストレスが軽減されていきます。

また、ウィンドウショッピングする元気がない場合には、ネットショッピングで買い物をしてストレスを発散している看護師もいます。可愛い洋服や靴、バッグなどを買うことが仕事の原動力になる可能性もあります。

アウトドア派の看護師の場合、その日溜めたストレスをその日の内に発散させることが多いようです。仕事終わりにお酒を飲みに行ったり、カラオケに行ったりすることで、気持ちをリフレッシュさせることができます。

釣りや山登りなど、アクティブに動くことでストレス解消する看護師もいます。普段の仕事と全く関係ない趣味を見つけることができれば、心が今までよりも軽くなるでしょう。

おわりに

看護師のストレス解消法を3つに分けて紹介しました。自分に合ったストレス発散法が見つけるまで、色々と試してみましょう。

働く意識を変えて定期的に体を動かし、楽しい趣味を見つけられれば、上手にストレスを解消できるでしょう。