新人看護師さんは覚えておきたい!嫌な先輩との付き合い方

imasia_12597387_M

名前が看護婦から看護師へ代わり、男性の看護師も次第に増えてきているものの、中心となっているのは女性です。女性が多い職場で多くある悩みの一つとして、人間関係によるトラブルが挙げられるでしょう。仕事内容自体に不満はなくとも、この人間関係が理由で仕事を辞めてしまう人も少なくありません。同輩ならともかく、問題は嫌な先輩がいる場合です。そういった人とはどう付き合っていけば良いのでしょうか。

ここでは新人看護師さん向けの、嫌な先輩との付き合い方についてご紹介します。

自己暗示に頼る

嫌な先輩と付き合っていく上でもっとも良い方法は、嫌な先輩を嫌な先輩ではなくしてしまうことです。とはいえ実際の先輩の方を変えることは難しいため、自分の中での先輩像を換えてしまうのが一番手っ取り早い方法となります。そのために利用できるのが、自己暗示です。冗談のようですが、これが予想以上に高い効果を発揮します。

嫌な先輩を嫌だと思い続けることで、自分の中でより嫌な人になってしまいます。そうならない内に、自分はこの先輩のことが嫌いではない、嫌な先輩ではない、と思い込むことが重要です。これで思い込めるレベルの先輩であれば、今後も十分良好な関係を保っていくことが可能でしょう。

距離をとる

距離をとる

仕事とはいえ、嫌な先輩と常に一緒にいる必要はありません。仕事上どうしても必要なときを除き、できるだけかかわらないようにする、ということを考えましょう。理由をつけて別の場所で仕事をするよう心がけるのも一つの方法です。会話においても、あまり長引かないように誘導できるようになると快適になります。

ただし、どうしても仕事上話をしなければならないときは、自分の気持ちを悟られないようにしなくてはなりません。もしそれが知られてしまうと、今後より仕事がしにくくなってしまうことが考えられます。

良いところを探す

人間誰しも、良いところと悪いところを持っています。嫌な先輩はたまたまその悪いところが自分に合わないというだけで、絶対的に悪い人間というわけではないことがほとんどです。そのため、悪いところだけを見てその人を良くない人だと決めつけるのではなく、良い点を探してみるのも一つの方法です。

例えば、口は悪いが仕事はできる、という人もいます。人付き合いはしにくいことは間違いありませんが、看護師としての仕事はしっかりこなしているのであれば、その技能については見習うべきでしょう。意外とそういった点を中心に話をすると、嫌な人間とは感じないかも知れません。一つでも良いのでそういった良い点を見つけることができれば、多少自分の中での嫌な先輩像が緩やかになります。

仕事上の問題点の解決法

ボイスレコーダー

ただ、話が合わない、性格が合わない、という程度ならまだ問題は浅いもので、仕事にまで悪影響を及ぼすほどの問題が生じている場合には、別の対処法を考慮しなければなりません。

よくあるのが、自分の言ったことを覚えていない先輩に理不尽な注意を受けるケースです。例えば先輩の指示通りに仕事をしていたにも関わらず、後からそれを理由に注意される、などといったものです。このようなことを避けるためには、言われたことを議事録として残しておく方法が有効です。ボイスレコーダーなどを持っておくのも一つの防衛手段となります。

さらに深刻な問題である場合には、先輩よりも上の立場の人に相談することを検討しましょう。自分からでは効果がなくとも、より上の人からの注意であれば先輩も聞いてくれる可能性が高くなります。

おわりに

できれば良い環境で働きたい、というのは誰しもが思っていることです。嫌な先輩とは言え、進んで嫌なことをしている人はそう多くはありません。対処できる点は対処し、受け流す点は受け流すのが鉄則です。

シェアする

購読はいいねが便利です