出会いが欲しい看護師さん必見!「イマドキ看護師の恋愛事情」~合コン必勝法編~

imasia_8027063_M

看護師という仕事は、他の職業に比べてことさら「少子高齢化」の影響を強く受けてしまっていると言えるでしょう。高齢化によって医療の需要が高まり、仕事の量が増え、それが理由で出会いが少なく結婚が出来ないことで少子化に影響してしまう、という悪循環です。看護士は白衣の天使というイメージが広まっており、実態がそれに沿っていないとイメージを下げてしまうこともあり、意外に合コンが難しい職業でもあります。

ここでは、実際に看護師として仕事をしていて「出会いがない」ことを嘆いている人に向けて、合コンで上手く行く方法について紹介します。

合コンに向けた服装選び

おしゃれな女性

女性の場合、当日の服装選びも重要なポイントとなります。服装というのは、自分の内面が最も分かりやすく相手に見える部分でもあります。それこそ、看護士のイメージである「清らかさ」を前面に出すような清楚な服装にするのも一つの方法です。逆に、自分の個性を前面に出すような服装を選んでいくのも一つの選択肢となります。

また、男性側の服装の好みと、女性側の服装の好みには違いがあることも少なくありません。女性から見ると魅力的な服装も、男性から見るとあまり受け入れられない、ということも少なからずあります。特に流行を追い過ぎていると付いてこられない男性が多いため、流行品は小物程度にするなどの配慮をしましょう。

合コンのセッティングから勝負は始まっている

合コンで勝利を掴むためには、本番のことだけを考えるだけではいけません。セッティングの段階からすでに勝敗を分けるポイントが存在しています。これを上手く利用することによって、より有利に合コンを進めることができます。ここでは合コンセッティングの極意を紹介します。

【1】同性メンバーの揃え方

同姓メンバーの揃え方には工夫が必要です。同じ職業の人で揃えるのも一つの手ですが、先述した看護師のイメージを強くするのであれば、職業を揃えない方が上手くいくこともあります。同じ職業だけではイメージが均一になってしまうためです。

さらに、メンバーは必ず親しい人で組みましょう。気の合う仲間同士であればそれだけで話が盛り上がりやすくなります。

【2】幹事という立場を有効に活用する

次に、自分から幹事に立候補してみるのも一つの方法です。幹事というとさまざまなセッティングを行わなければならない面倒な役職ですが、その代わりに事前に相手方と連絡を取ることができるというメリットがあります。先手必勝の極意は幹事にあります。

【3】開催日は余裕のある日を

最後に開催日についてです。看護師となると時間がある日が少なくセッティングが難しいのですが、なんとか時間に余裕がある日を選択するようにしましょう。夜勤明けなどはテンションが上がりにくく疲れが見えてしまうため、あまり良くありません。

実際の合コンでの立ち振る舞い

男女の会話

では、セッティングが終わって実際の合コンに入ったらどうするのかについても紹介します。

まず大事なのは、相手の話をしっかり聞くことです。女性は自分から話すのが好きな人が多いのですが、男性側も自分の話がしたいことがあることは理解しておきましょう。ちゃんと相手の話を聞いてあげるだけでも好感度が上がるものです。

また、自分の素の部分も見せていくことが重要になります。看護師のイメージを崩さないことに徹底するのも一つの戦術ですが、その中で少しだけ自分の素の部分が見えるのも魅力的です。

おわりに

出会いの場が少ないだけに、数少ない出会いの場である合コンでは張り切って空回りしてしまうことも少なくありません。事前にシミュレーションをしておき、失敗しない準備をするのが重要です。

シェアする

購読はいいねが便利です