【助産師になるには】助産師の資格は学校に行かなきゃ取れないの?看護師から助産師になる方法

imasia_14949322_M

看護師の仕事をする中で、助産師の仕事について興味を持ったことはありませんか。命の誕生の瞬間に立ち会うとの出来る喜びを感じることができる助産師の資格は魅力的です。

では、どうすれば助産師になることができるのでしょうか。学校に通う必要があるのか、看護師からの資格取得は可能なのか。ここでは助産師になるための道のりを説明します。

助産師になるための2つの方法

試験勉強

助産師になるためには、看護師の資格を持っていなければなりません。その上で、厚生労働省が所管する助産師試験に合格することで助産師資格が与えられます。

助産師になるには看護学校を卒業後、助産師養成所に1年間通いカリキュラムを受けるという方法、または助産師のカリキュラムのある看護学校(4年制)あるいは大学に通い、看護師資格の勉強と同時に助産師格取得を目指すという方法があります。

後者の場合、助産師の国家資格に合格したとしても看護師の試験に合格していなければ助産師になることはできません。

女性のみなることが許される助産師

OKとNG

現在の日本では「女性であること」が一つの要件であり、男性は助産師になることができません。

男女の性差別を積極的に撤廃している日本において、性別によってなることが制限されるというのは極めて稀です。

しかしながら、男性の助産師に助産行為をお願いしたい妊婦がほぼいないという背景があり、仮に男性が助産師になれたとしても需要がほとんどないという現実があります。そのため、現在は女性のみなることが許されるものとなっています。

看護師として働いた経験を活かして助産師

看護師とおばあちゃん

現役で看護師として働きながら助産師の資格を取得するには、夜間の助産師養成所に通うという方法がありあす。ただし、看護師の仕事そのものが激務である上、助産師養成所の勉強もハードなため、継続するには体力と強い意志が必要です。

もしまだ現役で職務についていない学生の場合は、働き始める前に助産師になるという方が賢明であるといえるでしょう。

また、看護師として働きながら助産師を目指す方のために、社会人入試制度を設けている助産師養成所もあります。社会人入試制度は小論文や面談による入試で学科試験が少ないので、小論文で看護師として働いた経験を活かし、入試に挑むことができます。

看護学校の中でも助産師としてのカリキュラムを組んでいる学校は比較的少ないため、助産師になる方の多くは助産師養成所を目指すことになります。そのため、助産師養成所は狭き門となります。時に10倍以上の倍率となることもあるほどです。

助産師のデータ

グラフで示すデータ

助産師の合格率や、どのような年代が助産師として活躍しているのかなど、助産師をデータの観点から見ていきましょう。

助産師の資格試験の合格率は95%を超えるものとなっており、助産師養成所で真面目にカリキュラムに取り組んでいれば取りやすい資格です。先述した通り、資格取得よりは助産師養成所に入学する方が難関であるといえます。

助産師の数は年々増加しており、10年前と比べ3割ほど増えました。若い世代の助産師人気が高まっていると言えます。

年代別に見ると,30代の助産師の数が最も多く、全体の3割を占めています。年齢別では25歳から30歳までの割合がもっとも高く、全体の16%を占めています。勤務先としては病院が約65%で最も多く、次に診療所が約21%、助産所が6%となっています。

おわりに

助産師の資格試験自体は合格率も高くなっていますが、資格試験よりも助産師養成学校に入るまでが大変で、強い意志が必要となります。

新しい命の誕生に立ち会うことの出来る素晴らしい仕事に就くことを思い描き、励むことが助産師になるために大切なことです。