短期で働きたい看護師さん必見!沖縄や都市圏で求められている『応援ナース』とは?

応援ナース

看護師の雇用形態は多種多様です。長期間にわたって正規スタッフとして働くスタイルもあれば、1日だけのような単発バイトの仕事もあります。

その中でも看護師の間で注目が集まってきているのが、応援ナースと呼ばれる働き方です。応援ナースとは文字通り、人材不足に悩んでいる医療機関などに出向き、応援要員として働く手法です。3〜6ヶ月のように、期間限定で仕事をする形態が主流です。

この記事では、この応援ナースについて紹介していきます。

応援ナースのニーズ

応援ナースのニーズ

過疎や高齢化が進んでいる地域には、看護師の人材不足が慢性的な問題として存在しています。また、体制の整っていない医療機関では看護師の離職率が高く、これも看護師不足に拍車をかけている要因となっています。

そのため、応援ナースに関する看護師の需要は高いと言えます。特に即戦力となるような人材、具体的には今まで看護師として働いた経験の長い人材が求められています。

応援ナースのメリット

応援ナースのメリット

転職に興味を持っていても、なかなか踏み切れないといった方は少なくありません。職場を変えてしまうと辞めづらい場合もありますし、新しい人間関係に悩まされてしまう可能性もあるためです。

しかし応援ナースであれば、あらかじめ働く期間が決められているため、これらの点に深く悩まされる心配はいりません。中には、応援ナースとして働いている職場に興味を持ち、そのままその病院で働き続けている看護師の方も見られます。

また、特に人材不足が深刻な地域では、高待遇な応援ナースの求人情報も見られます。これらの点が、応援ナースとして働くメリットと言えるでしょう。

首都圏の応援ナース

首都圏の応援ナースの求人情報を見てみると、緊急度の高い求人が多い傾向にあります。出産や子育てによって一時的に看護師が休職し、その埋め合わせとして募集をかけている病院が多く見られます。

また、最新の医療機器や設備が備わっている病院が多いことも、首都圏の特徴です。そのような病院で応援ナースとして働くことができれば、たとえ数ヶ月であったとしても、スキルの向上を期待することができるでしょう。

さらに首都圏の求人情報には、全体的に待遇が良いという魅力もあります。月収40万以上となる求人も多く見られますし、看護師に対して寮やアパートなどを提供する求人も少なくありません。

ただし、他の地域の応援ナースに比べると、首都圏の応援ナースは実績やスキル、経験などが重視されやすい傾向にあります。特に高待遇の求人を狙うのであれば、勤務初日から即戦力になれることをしっかりとアピールする必要があるでしょう。

沖縄の応援ナース

沖縄やその周辺の離島から、応援ナースの募集がかかることも少なくありません。このエリアには、赴任に関わる費用を負担してもらえる求人情報が多いというメリットがあります。また、このエリアは慢性的な人材不足に悩まされているため、高いスキルや長い経験などはあまり求められない傾向があります。

遠方からの応募の場合、電話面接だけで採用の可否を判断する病院も多く見られます。そのため、面接にかかる時間や費用を心配する必要はなく、自宅で採用試験を受けることができます。

北海道の応援ナース

特に注目を集めてきているのが、北海道の応援ナースです。このエリアの応援ナースは全体的に待遇が良く、首都圏や大都市圏の病院の条件とあまり変わりません。また、首都圏ほどスキルや経験が求められるわけではないため、多くの看護師から注目されてきています。

ただし、北海道の応援ナースの募集は広範囲にわたっているため、エリアをしっかりと絞ることが大切です。エリアによって移動のしやすさが異なりますし、待遇の傾向にも少し違いが見られます。同じ道内であっても札幌市や帯広市、根室市などさまざまなエリアがあるため、気になった求人のエリアは事前に確認しておきましょう。

おわりに

ここまで、応援ナースについて紹介してきました。上記で紹介した首都圏、沖縄県、北海道の3つのエリアでは、特に応援ナースの募集が多く見られます。応援ナースに興味を持った方は、上記で紹介したエリアの具体的な求人情報を確認してみましょう。