残業なしで働きたいならデイサービスの求人を探そう♪通所介護施設での看護師の業務内容とは

imasia_9075985_M

看護師の仕事の現場として、多くの人が最初にイメージするのはやはり病院でしょう。大病院や個人の診療所などの違いはあるとはいえ、看護師といえば病院で仕事をするもの、と考えている人が多いのです。しかし、実際に看護師が活躍している現場というのは病院だけではありません。確かに最も多くの人が仕事をしているのは病院ですが、その他の場所でも多くの看護師が活躍しているのです。

ここでは、デイサービスの現場手仕事をしている看護師に着目します。

看護師の残業を減らせるデイサービスの現場

デイサービスの送迎

病院における看護師というのは非常にハードな仕事であることが知られています。時期や病院の規模によっては毎日のように長時間の残業を強いられるということも少なくありません。意欲的に残業をしたいという人であれば良いですが、できるだけ残業なしで仕事をしたいのであれば、病院の勤務はあまり適しているとはいえないでしょう。

そこで有用なのが、デイサービスの現場で働く看護師になることです。高齢化の影響を受けて利用者が増えているデイサービスは、高齢者を預かる関係で看護師が必要となる職場です。名前の通りデイ、つまり日中だけ預かるという形態の介護施設であるため、夜間には仕事が発生しません。病院看護師のネックである残業や夜勤と言った問題がそもそもほとんど存在していないのです。

さらに、元々デイサービスにおいて看護師が行わなければならない業務の量というのはそれほど多くはありません。病院のように常に誰かの看護をしている必要がないためです。

デイサービスの現場での仕事内容

デイサービスの風景

では、具体的にデイサービスの現場で看護師がどのような仕事をしているのか、ということについて紹介します。デイサービスに通っている高齢者の方々は、病気のために通っているというわけではありません。看護師は年齢によって発生する問題などを早期に発見したり、デイサービスでの介護の内容を調節するためのバイタルチェックと健康状態の検査を行ったりしています。

サービスの形態は職場ごとに異なっているため一概には言えませんが、重度の病気に対応することはほとんどありません。チェックに関する他の業務としては、食事の後の服薬管理や、レクリエーションを通した観察などがあります。さらに、万が一急病者が発生した時の対応をするのも看護師の仕事です。

どんな人がデイサービス看護師に向いているのか

看護師と患者

では、どのような人がデイサービスで看護師をするのに向いているのでしょうか?まずは仕事観によって適性があります。いわゆる看護師のキャリアとして、どんどん出世を目指したいという人にはデイサービスでの看護師は向いていません。伸びしろはそれほど大きくはないためです。

しかし、残業や夜勤のない、比較的緩やかな環境で仕事をしたいと考えている人や、結婚や出産などで現場を一度離れる可能性があるものの、後に復帰を考えている人には適した職場となります。

性格や能力の適性としては、コミュニケーションが得意、または好きであることが重要です。高齢者の相手をするのも重要な仕事の一つであるためです。

少子高齢化の影響によって、介護施設は全体として増加傾向にあり、デイサービスもその例外ではありません。そのため、多くの求人が出されており、仕事場を見つけることはそれほど難しくない現状です。雇用形態も職場によって違いますが、パートやアルバイトで募集をしているものもあれば、正社員として募集をしているものもあります。

おわりに

看護師の仕事は、言い換えれば命を預かる仕事です。デイサービスの現場であっても、それは変わりません。仕事に対するスタンスを考えながら、自分に合った活躍の場を考えてみると良いでしょう。