バイトでも好待遇な求人はあるの?時給は高い?看護師がパート・アルバイトで働くメリット・デメリット

imasia_16297585_M

看護師として働いている方の中にも、パートやアルバイトといった非正規雇用という形で働いている方はいます。例えば出産を控えている方、子育てが忙しい方などは労働時間を確保することが難しいため、非正規雇用を選んでいるケースが多くなっています。

ここでは、看護師のパートやアルバイトの待遇面や、高待遇な求人情報などについて紹介していきます。

パートやアルバイトとして働く看護師の時給

お金と電卓

サービス業や接客業などと比べると、パートやアルバイトであっても看護師の時給は高めに設定されている傾向があります。特に首都圏などの都心部では、3,000円を超える時給で看護師を募集している病院も少なくありません。

看護師も他の多くの業種と同じく、地方に行くほど時給が低くなっていく傾向が見られます。ただし、地方であっても時給が1,500円前後に設定されている病院も見られます。

都市部でも時給が1,000円に満たない求人や、地方では時給700円台の求人なども見られますが、全体的には他の業種と比べると時給が高く設定されています。

時給の高い求人と低い求人の違い

産婦人科

看護師という職業は、職場によって求められるスキルが大きく異なります。受付や書類の作成、医療道具の準備など医師のサポートが中心的な仕事内容となっている病院もありますが、医師の指示に従って患者の治療を行う看護師もいます。

専門的な医学の知識やスキルが問われる求人や、特定の資格が求められるような求人は時給が高めに設定されています。具体的な例としては、「オペ室看護師」や「産婦人科の看護師」などは時給が高い傾向にあります。

仕事に関する責任の重さでも、時給は上下します。人の命に関わる仕事をこなす看護師や、深刻な病状の患者をサポートする看護師などは、全体的に時給が高めに設定されてい

看護師がパートやアルバイトで働くメリットとデメリット

看護師

看護師がパートやアルバイトで働くメリットは、時間に縛られにくいという点です。非正規雇用であれば正規雇用よりも時間に融通が利きやすいですし、1日の労働時間も短めに抑えやすくなっています。ただし、全ての病院でそのようなメリットが感じられるわけではありません。

中には、パートやアルバイトであっても長時間の労働が必要になる病院や、休みが取りづらい病院なども見られます。子育てや出産のために労働時間を抑えたいのであれば、事前に情報収集をしておくことが必要です。

また、仕事内容に関しても非正規雇用の方が負担は少ないと言われています。ただし、応募条件に特定の資格が含まれていたり、人材として高い評価を受けていたりする場合には、負担の大きい仕事を任されることがあります。

一方デメリットとしては、正規雇用よりも待遇面が劣っている点を挙げることができます。正規雇用の看護師と同じ時間働いたとしても、病院によっては給料に大きな差が生じてしまうこともあります。また、給与だけでなく福利厚生に関しても、正規雇用者と同程度充実しているとは言えません。

人材として評価されにくいという点も、パートやアルバイトのデメリットです。正規雇用であれば評価を高めるほど昇進や昇給をする可能性も高まりますが、非正規雇用の場合には始めから昇進や昇給の可能性が無いケースがあります。正規雇用者よりも高いスキル、多くの知識を有していたとしても、正当な評価を受けられないことがあるのです。

おわりに

ここまで、看護師のパートやアルバイトの実情について紹介してきました。高待遇の求人を見つけられたとしても、社会保険未加入の場合には注意が必要です。他業種より短時間で上限に達しやすく、納めなければならない税金額が増えてしまう可能性があるため、常に自分の収入や労働時間をチェックするようにしましょう。