10年ブランクがあっても大丈夫!看護師復帰のための復職支援セミナーとは

看護師復職

ナースは男性も従事することが多くなり、名称も「看護婦」から「看護師」へと変わりました。それでも、まだまだ女性の比率が高いのが看護師業界の特徴の一つです。女性の比率が高いために、結婚や出産などの事情でやめてしまう人も少なくありません。そういった人達が子育てを終えて、復職をする事ができるのも看護師という仕事の特徴です。

ここでは、10年ブランクがある人でも復職出来るように支援してくれる支援セミナーについて紹介します。

看護師の復職状況

まず、実際の看護師の復職状況について紹介します。結婚や出産などの理由で退職し、そのまま看護師として復職していない人のことを「潜在看護師」と呼びます。この潜在看護師の人数は、全国に55万人以上いるという状況です。

高齢化のあおりを受けて、病院が増え、なおかつ規模が大きくなっているということもあり、看護師に対する需要も年々増加しています。看護師がうまく採用できていない病院においては、人数不足から来るハードな仕事に悩まされています。この状況を打開するのに重要なのが潜在看護師復職です。

潜在看護師はブランクがあるとはいえ、実際に現場で学んだ経験があります。そして同時に、年齢を重ねたことによる魅力もあります。亀の甲より年の功というように、人格の部分も潜在看護師には求められているのです。

では、実際にブランクがある潜在看護師復職するためにはどうすれば良いのでしょうか?

看護師復職セミナーとは

看護師復職セミナー

潜在看護師復職をするためにあるのが看護師復職セミナーです。このセミナーは、潜在看護師が現場を離れていたブランクを埋めるために存在しています。

現場から離れていた期間によって発生している問題はさまざまな事が考えられます。まずは技術や知識が当時とは変わってしまっていること。十年前には当然だった技術や知識も、今では変わってしまっている可能性もあります。法整備などによって以前は出来たことが出来なくなっていたり、逆に出来なかった事が出来るようになっていたりすることがあります。これらを理解しておかなければ実際に仕事をする上で影響が出てしまいます。

さらにもう一つ問題となるのが、本人の心の準備です。医療の現場は人の命と関わる重大な責任のある現場です。長い間その現場から離れていたという方は、この緊張感を忘れてしまっていることもあります。不安を覚える人も多いため、いきなり復職するのではなく、セミナーで感覚を掴んでおくことも重要になってくるわけです。

東京都のセミナーのプログラム例を紹介

セミナーのプログラム

では最後に、実際に東京都で行われている看護師復職セミナーを例に、どのような内容が講義されているのかを紹介します。まず大前提として、この復職セミナーの対象となっているのは「保健師助産師・看護師・准看護師のいずれかの資格を有しているものの、離職中の人」となります。無料で受講できるため、高額なセミナーのように利用自体に不安があるということはありません。

この復職セミナーでは3つのプログラムが用意されており、希望に応じたコースを受講することができます。自分の状況に合わせて適しているものを選択しましょう。

1型プログラムは1日だけの講義を行うコースとなります。今後再就職をしたいと具体的に考えている人に向けたコースとなります。

2型プログラムは5日間に渡って行われる実践を兼ねたコースです。実際の医療機器等を利用した演習も行われるため、技術や知識のブランクを埋めるのに効果的です。

3型プログラムは助産師資格を持っている人が対象です。2型の研修後に臨床を兼ねて勘を取り戻すための実習が行えます。

おわりに

今、医療業界は大きな危機に瀕しています。いくら医療科学が発展しても、それを使う人が足りなければ十分な医療を行うことはできません。資格を持ちながら今は仕事をしていない皆さんは、看護師の復帰を是非視野に入れてみましょう。