がん化学療法看護

読みがながんかがくりょうほうかんご

英訳Potential nurse

参考https://www.nurse.or.jp/nursing/education/nintei/gakka10.html

がん化学療法は療法を受ける患者と家族を支え、安全を守っていくことを使命とし、がん化学療法看護は、がん化学療法が治療の選択肢となった時と、がん化学療法の治療期、その後の経過観察の時期の看護を専門としています。

がん化学療法看護は、治療法がまだ確立されておらず、治療法自体も難しいために、患者・家族が理解することが難しく、インフォームド・コンセントにおいて専門的知識を持った看護婦の役割が大きいこと。副作用によって致命的な状態となる場合もあり、副作用対策およびその対応について看護が介入していかなければならないこと。

毒性の強い薬物を取り扱うため、その取り扱いが難しく、看護婦自身の被曝の恐れもあるため、薬物に関する専門的な知識、技術が必要であるという理由で、認定看護師分野に特定されました。

シェアする

購読はいいねが便利です