がん性疼痛看護

読みがながんせいとうつうかんご

英訳cancer pain nursing

参考

がん患者は増加傾向にありますが、がん性の疼痛は非常に強く耐えがたいものだといわれます。

しかし、がんの痛みは治療できる症状であり、治療すべき症状であるともいわれます。なぜなら、痛みがコントロールできれば、がん患者のQOL、生活の質が向上するからです。

この疼痛看護のための資格が、がん性疼痛看護という認定看護師資格です。痛みの症状をアセスメントし、薬物の適切な使用と管理をして、痛みに対しての看護を行うといった重要な役割を持ちます。

シェアする

購読はいいねが便利です