がん放射線療法看護

読みがながんほうしゃせんりょうほうかんご

英訳cancer radiotherapy nursing

参考

がんの治療を行う際に放射線を使用する場合があります。そういった治療においては、専門の医師が担当して行いますが、看護師に関しても放射線治療に特化した知識を持っている人の方が適しています。

そこでがん放射線療法看護の認定を受けた看護師であれば、病院などでも需要度が高い傾向にあります。認定を受けるには一定の実務経験があり、講習を受ける必要がありますが、好条件で転職をするのに役立ちます。

放射線治療には腫瘍学や病理学など幅広い知識が必要になり、治療をする臓器の周辺臓器への影響も考慮しなければなりません。しかし、癌を完治させたときの、やり甲斐や喜びな何よりも大きいものです。

シェアする

購読はいいねが便利です