慢性心不全看護

読みがなまんせいしんふぜんかんご

英訳chronic heart failure nursing

参考

心臓は体に血液を送る、生きていくうえでなくてはならない臓器です。その心臓が、高血圧などの様々な原因によって、慢性的な心筋障害によるポンプ機能の低下を起こすことがあります。

結果として日常生活を著しく障害する症状が出現するものを慢性心不全と言います。 慢性心不全看護においては、いかに症状の増悪を予防していくかが大切になっていきます。

また高齢化に伴い、ますます心不全患者は増加すると予測されているため、これからの医療には必要とされていく職種です。

シェアする

購読はいいねが便利です