摂食・嚥下障害看護

読みがなせっしょく・えんげしょうがい

英訳dysphagia nursing

参考

精神的な理由で食べ物が食べられず、痩せたり様々な症状が引き起こされる病気を拒食症と言い、逆にどんどん食べてしまう病気を過食症と言います。

そのような摂食障害に対して行う看護が摂食障害看護です。精神的な問題が伴うため、看護するうえで言動には特に注意をしなければなりません。

また老化や手術により食べ物が上手く飲み込めなくなることを嚥下障害と言います。嚥下障害に対する看護はむせた時の対応や誤嚥性肺炎に対する注意など、リスク管理が大切になってきます。

シェアする

購読はいいねが便利です