小児科

用語集

読みがなしょうにか

英訳Pediatrics

参考

小児科では0歳から15歳までの診療を行います。治療内容は幅が広く、子どもであれば感染症や心疾患なども診療します。

また継続した治療が必要な場合は年齢の垣根を越えて、15歳以上でも診療を行うことがあります。

病院によって子どもの診療だけでなく、育児相談を行うことがあります。また病院で子どもが楽しくすごせるよう、遊べるプレイルームやホスピタルアートなどが行われていることもあります。治療だけでなく子どもの成長を見守っていきます。

シェアする

購読はいいねが便利です