手術看護

読みがなしゅじゅつかんご

英訳surgical nursing

参考

手術看護の大きな目的は、患者が安全・安楽に手術を受ける環境を提供すること、また円滑に手術を進めていけるように、医師や他科と協力をし、患者の手術を進めていくことです。

手術看護の大きな役割は二つあります。一つは直接介助、これは医師に器械を出す操作をします。医師が術野から目を離すことなく、安全にスムーズに手術を進めていくために、手術の進行状況を見ながら適切な器械を医師に手渡す操作をする業務です。

もう一つは間接介助です。これは麻酔医師と協力し、手術中の患者の一般状態を把握する大切な業務です。また手術進行に合わせ、放射線科などと連絡を取り合う必要もあります。

シェアする

購読はいいねが便利です