3次救急

用語集

読みがなさんじきゅうきゅう

英訳tertiary emergency

参考

3次救急とは、生命の危険に瀕している状態の患者を治療するものを指します。厚生労働省が指定したものは救命救急センターと呼ばれます。

重症患者が運び込まれ、24時間体制で命を救います。ICU(集中治療室)が備えられていたり、命を守るためのありとあらゆる高度医療器具が準備されています。

ちなみに1次救急は、風邪や高熱、切り傷など、2次救急は入院や手術を必要とするものを言います。3次救急が最も緊急度の高い患者を指します。

シェアする

購読はいいねが便利です